東京都

日本初期写真史 関東編 幕末明治を撮る

毎年、東京都写真美術館では、写真の起源にフォーカスして美術的のみならず、歴史的にも意義のある展覧会を行っている。
今回の「日本初期写真史 関東編」では、高橋則英氏(日本大学藝術学部 写真学科教授)の監修のもと、三部構成で幕末明治期における関東地方の写真文化を紐解く。一章では歴史を概観し、欧州における写真発祥から日本への輸入や普及するまでの歴史と写真技術を俯瞰する。二章では制作者に焦点をあて、関東地方を訪れたり、この地を基盤として活動した写真家や写真技術者たちの作品を展覧するとともに、一都六県それぞれで開業した初期の写真家たちも紹介する。最終章ではペリー来航時の肖像写真から建設中の東京駅まで、バラエティに富んだ幕末明治の写真群を一堂に会し、その蓄層する写真文化を鳥瞰する貴重な機会である。

開催概要

直前の記事

特別展「天平礼讃」

正倉院宝物や古寺の仏像など奈良時代の美術工芸品、すなわち天平美術は日本美術の古典とみなされ、今なお人々の心をとらえてやまない。そして、この天平美術を愛したのは何も現代人だけではなかった。平安時代以降、歴史の中で幾度となく

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る