埼玉県

芳年 激動の時代を生きた鬼才浮世絵師

幕末から明治という浮世絵終焉の時代において活躍した「最後の浮世絵師」の一人である、月岡芳年(天保10~明治25/1839~1892年)。
江戸、新橋に生まれた芳年は12歳で歌川国芳に入門した。初期には師の画風を踏襲した役者絵や武者絵を描いたが、江戸の泰平が終わりを告げ、時代が動乱の幕末期へと向かってゆく中で、芳年は変容する社会に呼応すべく、洋風画の研究や様々な表現を試みながら独自の世界を確立していく。
彰義隊の壮絶な戦いを描いた《魁題百撰相》や、西南戦争を主題にした戦争絵、女性たちの細やかな感情を表現した美人画《見立多以尽》、洋画風の明暗表現をとりいれた歴史画《大日本名将鑑》など様々な作品を世に出し人気を博す。そして晩年までの6年間をかけて挑んだ大作《月百姿》においては静謐な画風で、従来の錦絵とは異なる夢幻の世界を表現した。
その画業を評し、彫刻家イサム・ノグチの父であり、文学者であった野口米次郎は『六大浮世絵師』(岩波書店、大正8年/1919年)で、浮世絵の終焉を論じながら、芳年を美しい夕焼けに例えた。
本展は、芳年のコレクションとしては質、量ともに世界屈指とも言われる西井正氣氏のコレクションより、250点以上の作品によって、処女作から晩年期の作品まで芳年の画業を総覧的に紹介するもの。「血みどろ絵」のイメージにとどまらない、芳年の作品世界が堪能できる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る