兵庫県

特別展「わが青春の上杜会―昭和を生きた洋画家たち」

「上杜会(じょうとかい)」は、東京美術学校始まって以来の“秀才揃い”と称された1927年卒業生らが結成した美術団体。この団体名は、彼らが学んだ美術学校の建つ上野の森(杜)に由来している。本展には、同館が顕彰する小磯良平をはじめとして「上杜会」の継続と発展に尽力した小堀四郎、荻須高徳や岡田謙三、猪熊弦一郎など海外でも活躍した画家、そして卒業後地元の美術活動や後進の育成に尽力した画家たちの作品が、絵画の“同窓会”として集結する。彼らの作品や資料を通して、昭和のはじまりから戦中戦後、そして平成に至る激動の時代を駆け抜けた洋画家たちの軌跡を辿る。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る