京都府

デミタスカップの愉しみ 華やかなアンティーク・デミタスを一堂に集めて。

2000点以上におよぶ村上和美さんのアンティーク・デミタス・コレクションより、厳選した約400点を展示。
「デミタス」は、濃い目のコーヒーを飲むための小さなコーヒーカップ。19世紀のヨーロッパにコーヒー文化が浸透すると、エスプレッソをはじめ飲み方のバリエーションが広がり、デミタスの需要も高まる。当時の流行を反映したもの、“超絶技巧”ともいえる繊細な装飾をあしらったもの、贅を尽くしたもの、大胆なかたちのものまで、多彩なデザインが生まれた。本展は、デミタスが多く作られるようになった19世紀後半にヨーロッパでブームになったジャポニスムや、アール・ヌーヴォー、アール・デコを取り入れた作品を中心に、個性きらめくカップ&ソーサーたちを紹介する。掌にのる小さなサイズに作り手の想いと技巧をぎゅっと閉じ込めた、アンティーク・デミタスの豊かな世界を楽しんでほしい。

開催概要

直前の記事

財団設立70周年記念 「新・明智光秀論 ―細川と明智 信長を支えた武将たち―」

歴史好き必見!豊富な史料から光秀の実像に迫る。 足利義昭に仕え、のちに織田信長に重用された明智光秀は、主君を同じくする細川家初代・藤孝(ふじたか)と公私にわたり親密な間柄だった。そのため、細川家の文化財を管理する永青文庫

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る