東京都

財団設立70周年記念 「新・明智光秀論 ―細川と明智 信長を支えた武将たち―」

歴史好き必見!豊富な史料から光秀の実像に迫る。
足利義昭に仕え、のちに織田信長に重用された明智光秀は、主君を同じくする細川家初代・藤孝(ふじたか)と公私にわたり親密な間柄だった。そのため、細川家の文化財を管理する永青文庫には、信長が光秀や藤孝に宛てて出した書状など、光秀の動きを知ることができる数多くの史料が伝わっている。そこからは、一向一揆との対決や、信長を裏切った荒木村重討伐、丹後支配などの場面において、ふたりが常に連携しながら行動していたことがうかがえる。
本展では、最新の研究をもとに、光秀の最初期の活動実態をはじめ、織田政権下での軍事的手腕、盟友・藤孝との協働、本能寺の変の意義までを歴史資料から読み解くことで、「謀反人・光秀」のイメージを覆す、先進的な智将としての新たな人物像を提示する。加えて、細川忠興(ただおき)に嫁いだ光秀の娘・玉(ガラシャ)の波乱に満ちた生涯も関係史料から紹介する。
※会期中展示替あり

開催概要

直前の記事

対峙する眼

岡本太郎は“洋画家”としてキャリアをスタートさせたが、絵の内容は普通の洋画家とは大きく異なるものだった。風景画、人物画、静物画、裸婦画……など、一般的な西洋画題をまったく描いていないからだ。 ではいったい太郎はなにを描い

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る