東京都

三井記念美術館コレクション特別展 国宝の名刀「日向正宗」と武将の美

刀剣がキャラクター化され、女性に大人気の時代。同館の所蔵品で国宝の短刀「名物日向正宗」がキャラクター化されている。今回の展覧会はこれにあやかり、国宝「日向正宗」をはじめ、「堀川国広」としてキャラクター化されている名刀と同じ国広作の刀で、加藤清正が所持した「号加藤国広」、そのほか徳川家康所持の国宝の短刀「名物徳善院貞宗」はじめ、国宝2点、重要文化財7点を含む同館の名刀をすべて展示する。
また、これに合わせて「武将の美」というコンセプトのもとに、館蔵品の中から武将や大名家が所持した茶道具や刀装具・雛道具などの漆工品、酒呑童子絵巻や能面、武者絵の漆絵額や、春日大社に伝わった鎌倉時代の大鎧を昭和初期に厳密に写した甲冑(寄託品)など、同館では初公開となる作品も多く含まれている。江戸時代、幕府や紀州徳川家の御用商人として活躍した三井家、明治以降は財閥として発展し、越前松平家、宇和島伊達家、鷹司家、一条家など、華族との婚姻も加わり、公家や武家の文化を伝える文化財も少なからず伝わっている。三井家からの寄贈品の奥深さを再認識するとともに、時代の流れの変化のなかで、名刀が若い人たち独自の切り口で新しい鑑賞の対象となっていることへのオマージュを込め、本展覧会を特別展として開催する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る