石川県

いしかわの工芸 文化の深み ~わざの美 表現の美~

石川県立美術館の大きな特色のひとつが、工芸のコレクションである。石川県には、江戸時代から受け継がれてきた工芸の豊かな土壌があり、その土壌に深く根付いた文化がある。同館は、石川の文化の結晶である地域ゆかりの作家の作品や、縁あってこの地に集った工芸作品を61年の長きにわたって収集・保存してきた。どんな時代でも、この石川の地で作り続けられてきた工芸がある。厳しい時代だからこそ、文化の灯を絶やさない。そんな思いでいま、石川の工芸を紹介する。
第一章「秋冬風景」は、季節に合わせた作品を選び、日本の風土に寄り添う工芸のあり方を感じていただく。第二章「わざの美」は、日本伝統工芸展で活躍した作家を中心とし、伝統のわざと現代的な感性が融合した工芸の美を、第三章「表現の美」は、日展を中心に活躍した作家の作品から、自己の想像力と工芸素材の相剋による表現を展覧する。
石川の工芸を代表する作家や、縁あって同館コレクションに加わった作家など、総勢86名による展示作品93点のうちには、近現代工芸分野の日本芸術院会員(前身の帝国美術院会員を含む)14名と、重要無形文化財保持者(いわゆる人間国宝)37名の作品が含まれている。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る