東京都

GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ(東京展)

いまや世界共通言語となった日本の漫画=MANGA。その起源には、様々な説がある。本展では印刷文化が発展した江戸時代の諷刺表現である戯画を、現代日本で認識されている漫画的な表現の出発点としている。幕府の改革、幕末の動乱、近代化、社会の矛盾や事件、庶民の日常など、浮世絵の「戯画」は様々な事柄を時にユニークに、時に辛らつに伝えた。そして明治になり、新聞や雑誌など近代的ジャーナリズム媒体の誕生と共に「戯画」は挿絵へ、そして漫画へと姿を変え、漫画雑誌が刊行されるに至り、大衆が楽しめる新しい絵画表現として確立した。本展では、江戸時代の浮世絵版画から明治・大正時代の諷刺漫画雑誌、昭和戦中期の子ども漫画等、日本の漫画の変遷を展覧する。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

悲運の画家たち

非業の死を遂げた、世間に評価されなかった…など様々な「悲運」に見舞われた画家たちにスポットをあてた展覧会。福田美術館と共同開催となる。 文華館では主に、当時その実力は高評価されていたにもかかわらず、現在世間であまり名前が

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る