東京都

琳派と印象派 東⻄都市文化が生んだ美術

琳派は、17世紀初めの俵屋宗達、18世紀初めの尾形光琳らによって、日本の都であった京都の町人文化として生まれ、19世紀初めに酒井抱一や鈴木其一らによって、将軍お膝元の江戸(現在の東京)に引き継がれた、装飾的な美感を核として発展した都市の美術であった。
一方、印象派は、19世紀後半のフランス・パリを中心に、マネやモネ、ドガやルノワール、セザンヌらによって、日常的な経験を通して受ける印象や市⺠生活の喜びを率直に表現する、新しく起こったヨーロッパの近代美術である。
本展は、日本とヨーロッパ、東⻄の都市文化が生んだ天才画家たちの作品を通して、大都市ならではの洗練された美意識の到達点を比較しつつ見渡そうとする、新たな試み。同館コレクションの核となる印象派の名画と、初公開となる琳派作品を軸に、国内の寺院、美術館、博物館から代表的な作品を加えた、国宝2点、重要文化財6点を含む約100点の作品で構成される。東西の美術を、「都市文化」というキーワードで再考する画期的な「琳派と印象派展」となる。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

親と子のギャラリー トーハク×びじゅチューン!「なりきり日本美術館リターンズ」

本展は、アーティストの井上涼さんが歌とアニメで世界の「びじゅつ」を紹介する番組「びじゅチューン!」(NHK Eテレ)とのコラボレーション第二弾。番組で取り上げられたトーハク所蔵の文化財をテーマに、高精細複製や映像をつかっ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る