福島県

日本ガラス工芸の先達たち―藤七、鑛三、そして潤四郎

ガラス製品の需要が増えた明治時代、ガラス製造技術も大いに発展したが、陶芸などの他の工芸分野がいち早く「美術」として認められていったにもかかわらず、ガラス工芸は産業製品としての位置づけから脱することができないままでいた。そんななか、ガラスの芸術性に取り組んだ3人の先達たちがいた。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る