東京都

親と子のギャラリー トーハク×びじゅチューン!「なりきり日本美術館リターンズ」

本展は、アーティストの井上涼さんが歌とアニメで世界の「びじゅつ」を紹介する番組「びじゅチューン!」(NHK Eテレ)とのコラボレーション第二弾。番組で取り上げられたトーハク所蔵の文化財をテーマに、高精細複製や映像をつかって「びじゅつ」を楽しむ体験型の展覧会。
2018年に同館で開催し好評を博した「なりきり日本美術館」の続編にあたり、今回は新たに、重要文化財「風神雷神図屏風・夏秋草図屏風」、国宝「松林図屏風」、国宝「八橋蒔絵螺鈿硯箱」に関わる3つのコンテンツが体験できる。
体験のキーワードは、「なりきり」。絵の中に描かれたキャラクターや、作品の世界におじゃまするお客さんになりきって、その背後にある物語や風景を体感することで、自由な想像力で文化財に親しみ、鑑賞を深めていただくきっかけを提供する。複製やデジタル技術を使った展示により作品の新たな一面が見えてくる、子どもから大人まで夢中になれる展覧会となっている。
同館のコレクションには、「びじゅチューン!」の歌のもとになった文化財がいくつもある。本展で取り上げる作品も含め、会期中には「びじゅチューン!」に登場する文化財が館内に計8件展示される。「なりきり日本美術館リターンズ」のあとには、館内にある「ほんもの」の文化財も探してみてほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る