東京都

所蔵作品特別展示 たいせつなじかん

武蔵野市では、現在、2,500点を超える作品を所蔵している。所蔵の大きな軸となっているのは、武蔵野市ゆかりの作家の作品である。野田九浦や小畠鼎子などのように、武蔵野市のみがまとまった数の作品を所蔵しているという作家も少なくない。
所蔵作品を展示公開し、永く保存管理していくために、修復も継続的におこなっている。なかには、修復してはじめて、展示できる状態になる作品もある。今回は、そうした修復の経緯のある作品を中心に、関連資料とあわせ約40点を紹介。
展示作品のうち、小畠鼎子の《冬霽》(1961年)、織田一磨の《待乳山から隅田川》(1916年)など7点は、収蔵後、修復を経て初めての公開となる。
作者なきあとも、作品は生き続ける。そして、たくさんの鑑賞者の眼によって、物質的な劣化とは別の次元で、成長を続けていく。作品を永く守り、伝えるなかで、吉祥寺美術館では、作品が包含する「時間」も、大切に展示公開していきたいと考える。作品との対話が、観る方にとって大切な時間となりますように。

開催概要

直前の記事

没後20年 今竹七郎展 〜近代日本デザインのパイオニア〜 どこの誰だか知らないが。そのデザイン!誰もがみんな知っている。

「今竹七郎」という名前は知らずとも、輪ゴム「オーバンド」の黄色と茶色のパッケージ、メンソレータムのナースなど、どこかで必ず見たことがあるのではないだろうか。これらをデザインしたのが今竹七郎だ。1905年(明治38)年に神

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る