東京都

生きている東京展

美術館のある風景。この9月、ワタリウム美術館は開館30周年を迎えた。
1985年、渋谷区神宮前のトライアングルの地に、建築家マリオ・ボッタによる「ワタリウム建築プロジェクト」がスタート。ボッタが最初に考えたことは「まず正面に大きなファサードをおく、街に豊かさを与える都市の新しい顔となるために」ということであったという。
1990年9月、通勤、通学、休日のショッピングの人たち、キラー通りを走り抜ける車窓から覗く人、通りから一歩入った路地に暮らす町の人たちへ、日常の中に、美術館のある街が生まれた。
2020年、パンデミックの状況下、世界規模で何かが大きく変わろうとしている。
1990年の開館以来、東京からアートをと、この場所で様々な作品が生み出されてきた。
アーティスたちが見たこの30年間から、東京を再考したく、本展では、コレクションを中心に、未公開ドキュメント、さらにゲストアーティスト3人を交え展示する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る