静岡県

はじまりのはなし ―佐野美術館の名刀コレクションを中心に―

公式サイト

金鉄(フェロアロイ)の生産を手掛ける実業家であった佐野隆一(1889-1977)が美術品のコレクションをはじめたきっかけは、徳川将軍家に伝来していた刀剣を入手したことだった。鉄から造られた刀剣に興味を持ち、日本刀の全体像を理解しようと収集を始めた。次第にその興味は他のジャンルの美術品にも及び、三島ゆかりの白隠慧鶴を初めとする書画、中国・朝鮮の陶磁器や金銅仏など東洋美術を中心とする佐野美術館コレクションの礎が築かれた。
本展では同館の刀剣コレクションを中心に、約60件を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る