新潟県

艶美の競演 ―東西の美しき女性 木原文庫より―

島成園《桜花美人》制作年不詳、木原文庫蔵

埼玉在住の木原眞人氏が所蔵する近代日本画コレクション「木原文庫」より、名品を紹介する展覧会を開催する。
木原氏は幼少期より近世・近代の文学に親しみ、職を得た後に文学者の書跡や資料の収集を始めた。やがて日本画の線描の精妙さ、美しさに惹かれ、近代日本画、とりわけ美人画を多く収集するようになり、それらが「木原文庫」と称されるようになった。
本展では、「第一部 うるわしき美人画の世界」として、東京の鏑木清方、大阪の島成園を中心に、上村松園、北野恒富、木谷千種の作品によって、日本画における女性表現の魅力を紹介する。東京・京都・大阪、三都の画家たちによる美人画を、新潟の地でいちどきに見ることのできる貴重な機会となる。また、「第二部 近代日本画の名手」では横山大観、竹内栖鳳、冨田溪仙、橋本関雪、土田麦僊らの歴史画、花鳥画、風景画が並ぶ。
女性の色香、景物の情趣、伝統の品格――。全91点の作品を通じ、日本画が洗練させてきた美の世界を堪能してほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る