京都府

京都市京セラ美術館開館記念展 京都の美術 250年の夢 第1部~第3部 総集編 -江戸から現代へ-

明治維新から100年前の江戸後期から現代にかけて、日本画の代表作家を中心に、同時代に活躍した工芸家や書家、明治期に登場した洋画家、彫刻家、版画家、さらには戦後の現代美術の新鋭作家を加えて、「京都の美術」の250年の歴史を彩った名品を三部構成で紹介する。
※会期中展示替えあり
※新型コロナウィルスの影響により会期・構成は変更となったが、同館の開館記念展としての当初意図に沿った内容となるよう、出品予定作品を再編成して開催する

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る