岩手県

東日本大震災復興祈念 東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展(岩手展)

東山魁夷(1908-1999)は戦後日本を代表する国民的画家として知られている。清澄な色彩と平明な描写の中に深い精神性と豊かな叙情を湛えた風景画は、日本人の自然観や心情を普遍的に表現したものとして、今も多くの人々に親しまれている。
このたび、東山の画業の集大成といえる大作「唐招提寺御影堂障壁画」全68面を、岩手県で初公開する。この障壁画は、天平時代に幾多の試練を乗り越えて中国から来日し、唐招提寺を開いた鑑真和上に捧げるため、10年の歳月を費やして制作された。本展では、御影堂の内部を再現して障壁画を展示するほか、制作するにあたり、日本や中国各地で取材を重ねたスケッチや下図、試作などもあわせて紹介し、構想から完成にいたるまで画家が歩んだ足跡をたどる。
なお本展は、東日本大震災から10年の節目を控え、東北の更なる復興を祈念・支援したいとの趣旨に基づき開催されるものである。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る