群馬県

生誕150年 大下藤次郎と水絵の系譜

明治時代に西洋画の技法として日本に紹介された水彩画は、明治中期以降に黄金期を迎える。水彩画家・大下藤次郎(1870-1911)は水彩画の啓蒙的な手引書『水彩画之栞』や水彩画の専門雑誌『みづゑ』を出版し、水彩画ブームの立役者となった。本展は、この大下藤次郎およびその時代を引き継いだ仲間たちの作品を一堂に紹介する。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリー所蔵 KING&QUEEN展 ―名画で読み解く 英国王室物語―

遠く11世紀から現代まで、伝統を受け継ぎ、今もなお世界中の注目を集め続け、話題に事欠かない英国王室―約1,000年、幾度かの王家転変のなかで、傑出した人物たちが現れる。 今回、世界屈指の肖像専門美術館ロンドン・ナショナル

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る