茨城県

梅原龍三郎と藤田嗣治 FRANCE⇔JAPON UMEHARA et FOUJITA

奔放な筆さばきと壮麗な色彩で知られる梅原龍三郎と、繊細優美な「乳白色の裸婦」を描いた藤田嗣治。一見正反対の性質を持つこの二人、実はいくつもの共通点が隠れている。日本で洋画教育を受けた二人は20世紀初頭に渡仏し、そこで梅原はルノワールやルオー、藤田はエコール・ド・パリの画家たちと出会う。その後梅原は岩絵具を、藤田は日本の筆と墨を油彩画に取り入れる技法を確立するが、それは逆説的ながら、フランスにおけるさまざまな体験が誘引したものと言われている。本展では、梅原と藤田の作品及び、彼らが傾倒した画家や影響を及ぼしあった画家たちの作品を展示。フランスに渡った二人の画家の軌跡をご覧いただきたい。

開催概要

直前の記事

ヴィジュアル・ガストロノミー―いただきます。ごちそうさま。

ガストロノミーは美食学・美味学のこと。古来、人びとは食をめぐるさまざまな文化を育んできた。美術においても、作家たちは食からインスピレーションを受け、数多くの作品を生み出している。食事スタイルに合わせてデザインされた器、身

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る