熊本県

不知火美術館コレクション展 日々是好日

現在のコロナ禍において、日常生活には新しいルールができ、これまでの当たり前が姿を変えつつある。慣れない状況に窮屈さを感じることもありますが、時には美術館で気持ちをリラックスしませんか。
軽やかな線描、明るい色使い、自由な構成を持つ作品は見る人の心を解放してくれるかもしれない。作品は作家たちが自分なりの表現を模索しながら生み出した偽りのない態度である。それらに向き合う時、きわめて個人的なテーマが描かれているにもかかわらず不思議と共感を覚えたり、何でもない何かが心の奥の大切なものを呼び起こしたりすることがある。気持ちにルールを設けずに自由に心を遊ばせてみませんか。
本展は気分が曇りがちな日々においても、みなさんに心がやすらぐ素敵な瞬間を感じてほしいと願いエールを送る展覧会。同館の収蔵品の中から明るくて元気になる作品選び、約50点を紹介する。

開催概要

直前の記事

生きている東京展

美術館のある風景。この9月、ワタリウム美術館は開館30周年を迎えた。 1985年、渋谷区神宮前のトライアングルの地に、建築家マリオ・ボッタによる「ワタリウム建築プロジェクト」がスタート。ボッタが最初に考えたことは「まず正

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る