東京都

目黒区美術館コレクション展 LIFE ― コロナ禍を生きる私たちの命と暮らし

現在私たちは、新型コロナウィルスの世界的な感染拡大という状況下にある。2020年春より、移動制限や外出自粛、そして他者との接触制限など、これまでに経験したことのない事態に直面してきた。東京2020オリンピック・パラリンピックは延期となり、美術館を含めた人の集まる施設は臨時休館した。
美術館でも、 展覧会のみならず、トークイベントやワークショップなど、人が集い交流する催しも、中止や延期となった。 未だワクチンも特効薬もないこの未知のウィルスによる感染症によって、多くの生命が失われた。現在においても症状に苦しんでおられる方々がいる。症状のない人々も、自由な生活が制限されている。
英語の「LIFE」という言葉には、「命」と「暮らし」という意味がある。コロナ禍にある現在の私たちは、これまで以上に、自分たちの「命」と「暮らし」について、真剣に向き合い、思いを巡らせているのではないだろうか。本展では、下記の4つのテーマの下に、同館の所蔵作品をとおし、コロナ禍を生きる私たちのLIFE、命と暮らしについて考える。

開催概要

直前の記事

久保浩 「眼と手」の力

佐倉市立美術館は、開館以来、佐倉・房総ゆかりの作家についての調査・研究を活動の大きな柱とし、その結果としての展覧会も数多く開催してきた。 今年度は、JR佐倉駅前の彫刻通りや、京成線ユーカリが丘駅のペデストリアンデッキなど

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る