東京都

生誕100年 石元泰博写真展 伝統と近代

シカゴのインスティテュート・オブ・デザイン(通称ニュー・バウハウス)に学んだ写真家石元泰博(1921-2012)は、対象の構造的、空間的特性を鋭く捉えた作品によって、写真界はもとより、広く建築、デザイン、美術にわたる戦後日本の芸術界に大きなインパクトを与えた。
バウハウスの流れを汲む近代的な視点から日本の伝統建築を撮影した桂離宮シリーズ、丹下健三、磯崎新、内藤廣ら同時代の建築家の作品を撮った作品、そしてライフワークとなったシカゴと東京の人と街を捉えた作品など、その成果は内外で高く評価されている。対象の本質と写真の可能性へのあくなき探究心、そして緻密な暗室作業による厳格なプリントの美学は、デジタルが一般化した今日において一層の輝きを放っている。
2021年は石元泰博の生誕100年にあたる。この記念すべき年に向け、石元の足跡を過去最大規模で回顧する展覧会シリーズを同館と東京都写真美術館、高知県立美術館との共同で実施。東京オペラシティアートギャラリーでは「伝統と近代」を切り口として、作家活動の前半に軸足を置き、多様な被写体を貫く石元の眼差しに注目する。東京都写真美術館では、独自の都市観にフォーカスし、中盤から晩年に至る作品を選りすぐり紹介。2つの展覧会を通して、より多角的な視点から石元の活動の全貌が明らかとなっている。その後、高知県立美術館にて集大成となる展示を行う。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る