群馬県

令和2年度国立美術館巡回展・京都国立近代美術館所蔵品展 京(みやこ)の美術─洋画、日本画、工芸(群馬展)

本展覧会は、国立美術館の所蔵作品を活用し、広く国民の鑑賞機会の充実を図るとともに地域における近・現代美術の振興に資するため、独立行政法人国立美術館が実施している「国立美術館巡回展」の令和2年度展で、京都市・岡崎公園にある京都国立近代美術館の所蔵品を紹介するもの。
8世紀の平安遷都以来、都として栄えた京都は、日本文化、美術の中心地として重要な役割を果たし、古今多くの美術家を輩出するとともに、数々の美術運動の拠点ともなってきた。本展覧会では、京都国立近代美術館の所蔵品のなかから、京都ゆかりの美術家による洋画、日本画、工芸の名品約80点を展観し、多様に展開した京都の美術の魅力に迫る。

開催概要

直前の記事

香りの器―高砂コレクション

香料を用いて香りを作り、これを楽しむ文化は、はるか古代に始まり、文明の発達とともに進化してきた。文明化された社会では、香りは人々の生活に欠かせないものとされ、人々は異国に香料を求め、貴重な香油や香木をおさめるために、贅(

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る