群馬県

丸尾康弘展 今、こどもたち

丸尾康弘(1956〜)は、熊本に生まれ、東京造形大学で彫刻家・佐藤忠良(1912〜2011)で学び、塑像や具象彫刻も制作したが、その頃は抽象的な石彫作品が中心だった。卒業後は、素材が木へと変化し、1985年に群馬に移り住んで、「時間」や「自然と人間の共生」をテーマに制作を続けている。今回は、子どもを中心とし、新作も含む木彫作品、平面作品で構成する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る