東京都

分離派建築会100年展 建築は芸術か?

大正時代、日本の建築界に鮮烈なインパクトをもって現れた新星たちがいた。日本で最初の建築運動とされる分離派建築会である。大正9(1920)年、東京帝国大学建築学科の卒業をひかえた同期、石本喜久治、滝澤真弓、堀口捨己、森田慶一、矢田茂、山田守によって結成され、その後、大内秀一郎、蔵田周忠、山口文象が加わり、昭和3(1928)年まで作品展と出版活動を展開した。
結成から100年目の2020年。本展は、図面、模型、写真、映像、さらには関連する美術作品によって、変革の時代を鮮やかに駆け抜けた彼らの軌跡を振り返る。分離派建築会が希求した建築の芸術とは何か。日本近代建築の歩みのなかで果たした彼らの役割を、新たな光のもとに明らかにしていく。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る