広島県

日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展 ~天空の城ラピュタ、火垂るの墓、もののけ姫、時をかける少女~(広島展)

アニメーション映画の美術監督・背景画家として数々の名作に携わってきた山本二三。宮崎 駿演出のテレビシリーズ『未来少年コナン』(1978)で24歳の若さで初の美術監督に抜擢された。その後、高畑 勲監督の劇場版『じゃりン子チエ』(1981)や『火垂るの墓』(1988)、宮崎 駿監督の『天空の城ラピュタ』(1986)や『もののけ姫』(1997)、細田 守監督の『時をかける少女』(2006)などの美術監督を務め、日本のアニメーション美術界をけん引する存在として今日まで活躍を続けている。
物語の舞台を丹念に取材、あるいは設定し、実在しない空間の温度や空気感までも描き上げる緻密な仕事、そして卓越した水と雲の表現は山本二三の評価を不動のものとした。
本展は、アニメーション用の背景画を中心に、その前段のスケッチ、イメージボードなどを含む初期から新作まで約200点を展示。日本のアニメーション美術の創造者・山本二三による珠玉の背景画世界が楽しめる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る