鳥取県

生誕100年記念「岩宮武二 目前心後」

「目前心後」−目を前に見て、心を後ろに置け−
この言葉を好み、見えないものまでも写し取ろうとした米子市出身の写真家・岩宮武二[いわみや・たけじ/1920(大正9)年−1989(平成元)年]の生誕100年を記念し、鳥取県立博物館と米子市美術館のコレクションから作品を紹介、その仕事の一端をふりかえる。

少年時代の岩宮は、叔父で「米子写友会(よなごしゃゆうかい)」発起人であった村上誠三(むらかみ・せいぞう)の影響で写真に興味を持ちはじめた。郷里を離れ大阪で就職し、1938年「ミツワ写真クラブ」に入会。そこで指導役を務めていた安井仲治(やすい・なかじ)らに見出され、1940年「丹平写真倶楽部」に移り、感性と技術を磨いた。終戦後は神戸で、当時珍しかった1日仕上げのDPE(写真現像・焼付・引伸)店を開業。並行して写真雑誌に作品を投稿し、1951年『アルス写真年鑑』で準特選を獲得、関西写真界のホープとして将来を嘱望された。しかしその矢先結核を患い、1953年療養のため米子へ帰郷。3年に及ぶ闘病の間も写真への情熱を失わず、同郷の杵島隆と互いを励ましあった。療養中に自宅裏のマネキン工場で撮影した《マヌカン》が1954年富士フォトコンテスト・カラーの部で金賞、《炭鉱夫》がモノクロ・プロの部で銅賞を獲得。さらに翌年、大阪・心斎橋に「岩宮フォトス」を設立し、広告写真にも進出。
その一方で、哀感漂う冬の孤島を取材した『佐渡』や、日本の伝統的造形美を博物誌的に捉えた『かたち 日本の伝承』など写真集を次々と発表。山陰から東北まで日本海の風物ときらめく四季を写した『日本海』、アジア各国の仏跡を巡り晩年のライフワークとして結実させた『アジアの仏像』まで、生涯に30冊以上の写真集を残している。

本展では初期作品をはじめ、代表作《佐渡》《かたち》《日本海》のシリーズを中心に、印画紙をアルミニウムに置き換えた実験作《アル・フォト》など約60点を展示。これまで郷里で紹介される機会の少なかった、岩宮のシャープで端正な作品世界を堪能してほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る