東京都

もうひとつの江戸絵画 大津絵(東京展)

これまで大津絵の展覧会は、博物館や資料館で開催されることが多く、美術館で開かれたことはほとんどなかった。それは大津絵が、主として歴史資料、民俗資料として扱われてきたからだが、本展では、大津絵を美術としてとらえ直し、狩野派でも琳派でもなく、若冲など奇想の系譜や浮世絵でもない、もうひとつの江戸絵画としての大津絵の魅力に迫る。
大津絵は江戸時代初期より、東海道の宿場大津周辺で量産された手軽な土産物であった。わかりやすく面白みのある絵柄が特徴で、全国に広まったが、安価な実用品として扱われたためか、現在残されている数は多くはない。
近代になり、街道の名物土産としての使命を終えた大津絵は、多くの文化人たちを惹きつけるようになる。文人画家の富岡鉄斎、洋画家の浅井忠、民藝運動の創始者である柳宗悦など、当代きっての審美眼の持主たちが、おもに古い大津絵の価値を認め、所蔵したのだ。こうした傾向は太平洋戦争後も続き、洋画家の小絲源太郎や染色家の芹沢銈介らが多くの大津絵を収集した。
本展は、こうした近代日本の名だたる目利きたちによる旧蔵歴が明らかな、いわば名品ぞろいの大津絵約150点を展観する。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る