富山県

TADのベスト版 コレクション+(プラス)―あなたならどう見る?―

富山県美術館を代表する収蔵作品を過去最大規模で紹介する展覧会。
同館は前身となる富山県立近代美術館より20世紀美術の優品を数多く収集してきた。今回は中でも知られたパブロ・ピカソの館蔵の作品、絵画4点と版画作品3点の全点を同時展示する。
また本展では異なる分野で活躍する方々とコラボレーションした展示コーナーを設置。同館の収蔵作品を独自の視点で紹介するのは、アーティストの開発好明氏、アートテラーのとに~氏、美術批評家の林道郎氏、作家の山内マリコ氏の4名。作品の新たな見方や魅力を楽しんでほしい。

開催概要

直前の記事

北の水彩

明治以降、本格的に日本に紹介された水彩画は、作品の親しみやすさや画材の手軽さもあり広く普及し愛されている。本展では、旭川を代表する水彩画家佐藤進を中心に、明治から現代まで、水彩画の魅力を北海道の歴史や美術の流れとあわせて

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る