大阪府

人々の生活を彩る愛しい生命たち いきもの展

山王美術館 秋・冬季コレクション展2020では収蔵品のなかより、「いきもの」が描かれている作品ばかりに焦点を当て、その魅力を伝える展覧会を開催する。
いきものを描いた絵には「いきものそのものの姿」や「自然の中で生きている姿」、「風景の一部としての姿」、「私たちの生活のかたわらで生きる姿」など様々なものがある。そして、そこには画家のいきものに真摯に向き合うまなざしがある。いきものへの愛情にあふれるまなざしや、形態そのものに興味を抱いて見つめるまなざしなど、画家の持ついきものへの興味、関心は多くの作品を生み出してきた。
本展では私たちの生活に様々な形で溶け込み、深い愛情や潤い、彩りを与えてくれる「いきもの」を描いた作品を、真正面からとらえた「ザ!いきもの」やこれ、どこにいきものいるの?と思うような「風景の中のいきもの」など10のテーマに分けて展示する。
いきものの愛らしい姿、表情はもちろん、画家のいきものへのまなざし、感性、技法の多様さなど、見比べて鑑賞してほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る