神奈川県

ただひたすら、リアルに描く 上田薫展(神奈川展)

上田薫(1928~)は、写真を使って対象を精巧に描き出す画家である。殻からつるりと落ちてくる、なま玉子、スプーンですくい上げられたアイスクリーム、泡、水の流れなど、流動する世界の“一瞬”を切り取ったかのような作風で知られている。東京藝術大学で油画を学び、卒業はグラフィック・デザイナーとして活躍した。しかし、1970年頃から再び絵筆をとり、対象を克明に描き出す絵画作品を発表して、高い評価を受けた。鮮やかな色彩と精緻な描写によって、動きの中の“一瞬”を捉えた緊張感あふれる作品は、さまざまな写実表現が注目を集めた2000年代以降の美術の動向の中でも、不動の位置を占めている。
本展では、この上田薫の半世紀に及ぶ歩みを、初期から現在までの約70点の代表作と、版画・水彩等の約10点、計80余点によってたどる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る