山口県

三輪龍氣生展 ―行け、熱き陶の想いよ。

地域の伝統的な文化芸術として存りながら、いわゆる産地陶芸という既成概念から脱却し、同時代的芸術表現としてこれからの日本陶芸を望見させる作り手はそれほど多くはいない。本年80歳を迎える三輪龍氣生(昭和15年〈1940〉生まれ、龍作〔りょうさく〕、十二代休雪)は、個性の現実(リアル)とは作り手が思考したかたちそのものとして表現されることを自明として制作を重ねてきた表現者であり、陶芸的造形の未来を予想させる先駆的作家の一人である。
本展は、昭和42年(1967)にハイヒールをかたどった白萩のシリーズを〈花子の優雅な生活〉と名づけて発表しはじめてから、平成22年(2010)の黒陶彩のシリーズ〈龍人伝説〉や今回の最新作に至るまでの半世紀以上にわたり、「エロス(愛)」と「タナトス(死)」を主題に、人間存在の意味を陶による造形表現で問い掛け続けてきたこの作家の陶表現を、新作と未発表作も含めた代表作約110点で紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る