岡山県

夢二のつむいだ言の葉

大正ロマンを代表する画家として広く知られる竹久夢二(1884-1934)。
岡山で生まれ、詩人を夢見て上京した夢二は「文字の代わりに絵の形式で詩を描いた」作品が評価され絵描きとして世に出た。初めての著作『夢二画集 春の巻』での絵と言葉を融合させた独特の抒情性は、たちまち当時の若者を中心に絶大な支持を集めた。
以降絵画や挿絵、版画、デザイン、詩句、文章など様々な分野で活躍したが生涯を通してその表現には「言(こと)の葉(は)」がともにあった。詩人・萩原朔太郎は「竹久夢二氏は明治の歌麿で、抒情詩を絵でかいた新しい古人の元祖でせう。」と評し、当時の夢二の表現が懐かしさの中にも新しさを感じさせ、人々の心をつかんでいたことがわかる。
夢二はセノオ楽譜シリーズで270点余りの装幀(デザイン)を手がけ、大正7(1918)年に発行し唱歌として大流行した「宵待草」では歌詞も担当し詩人としての評価も高めた。
本展では同館の珠玉のコレクションから詩を書くように描いた絵画、版画、デザイン、楽譜の数々を言葉とともに展観し、詩人画家・竹久夢二のつむいだ「言の葉」の世界を展観する。
秋の特別展示として、夢二式美人画の集大成ともいえる晩年の傑作《立田姫》、晩年に訪れた異国の地で描いた夢二式美人《西海岸の裸婦》を公開する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る