岐阜県

神業ニッポン 明治のやきもの 幻の横浜焼・東京焼(岐阜展)

明治時代が幕を開けると、諸外国から多くの人々が日本を訪れた。彼らは日本の美術工芸品に魅せられ、購入した作品を持ち帰った。さらに日本の美術工芸品は、欧米で開催された万国博覧会で高く評価されるとともに、海外へ大量に輸出された。
その中で、華やかで精緻を極めたモティーフによって装飾された輸出陶磁器「横浜焼・東京焼」は「神業」ともいうべき超絶技巧を凝らした品々で、外国の人々の好みを反映して製作された。しかし、国内に現存する作品が希少で、製作過程や実態に謎が多く、「幻の陶磁器」とよばれている。本展では、国内随一のコレクター・田邊哲人氏が里帰りさせたコレクションから精選した作品と、日本に現存する優品を一堂におよそ150点紹介し、幻といわれるその全貌に迫る。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る