北海道

没後50年 神田日勝 大地への筆触 ここで描く、ここで生きる(北海道展)

北の大地で、農業に従事しながら独自の絵画を描き続けた神田日勝(1937-70)。わずか32年という短い生涯ながら、残された作品の数々は今なお輝きを失っていない。
本展では、日勝の没後50年を記念しその画業の全貌を紹介する。

開催概要

直前の記事

茅ヶ崎市 ホノルル市・郡 姉妹都市締結5周年記念 ヴィンテージアロハシャツの魅力 COLLECTION by SUN SURF

日本の夏の風景にすっかり馴染んだアロハシャツ。茅ヶ崎市では夏のクールビズスタイルとして正式採用されている。 しかし、アロハシャツとはそもそもどのようなシャツなのだろうか。どうしてハワイで生まれたのか。なぜ明るく派手なのか

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る