大阪府

梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」

みんぱく初代館長を務めた梅棹忠夫(1920-2010)は、多数の学術調査に参加した知の先覚者。彼は、調査成果を論文などにまとめる方法を『知的生産の技術』(1969年)で述べたが、具体的に資料を加工する過程は示さなかった。この企画展では、梅棹のアーカイブズ資料とデジタル・データベースで彼の方法の舞台裏を紹介する。

開催概要

直前の記事

no image

京薩摩

「薩摩焼(さつまやき)」は、桃山時代より薩摩藩(現在の鹿児島県)において焼かれた陶磁器の総称。幕末には金彩色絵の絢爛豪華な薩摩焼が欧米へ輸出され、万国博覧会で高い評価を得るなど、人気を博した。 海外における薩摩焼の評価を

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る