岐阜県

明治の金メダリスト 大橋翠石 虎を極めた孤高の画家

大橋翠石(1865-1945)は現在の大垣市に生まれ、1900(明治33)年のパリ万国博覧会で日本人画家としてただ一人金牌(金メダル)に輝き、国内外で高い評価を受けた画家だ。師や父母との死別、濃尾大震災での被災など、不幸を乗り越える力を虎の絵に求め、独自の画風を完成した明治の金メダリスト・大橋翠石の全貌を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る