富山県

山中暦日 ささやかな日常のきらめき 水墨美術館の収蔵作品から

「山中暦日(さんちゅうれきじつ)」とは、人里から離れ山奥でのんびりと暮らすことを表す。「山中暦日無し」ともいい、山奥でゆったりと暮らすと、月日がたつのを忘れてしまう、という意味だ。さまざまな困難と向きあって暮らす日々の中で、現実の不安やストレスを少しだけ癒し、ゆったりとした時間を過ごしていただければと願い、富山県水墨美術館の収蔵作品を、4つのテーマから紹介する。
紹介するどの作品も、時代をさかのぼることはあっても、わたしたちの生活からそうかけ離れたものではない。ささやかな日常の風流を楽しむ心や穏やかな生活、日本の自然や風土、そして小さな命を愛でる気持ちに思いをはせていただき、心静かに作品と対話してほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る