東京都

生誕111年浜口陽三銅版画展 幸せな地平線

浜口陽三(1909–2000)は、20世紀を代表する銅版画家の一人だ。戦後再びパリに渡り、1955年頃、カラーメゾチントという銅版画の技法を生み出した。この技法を用いた独自の作品によって、多くの国際的な賞を受賞し、世界的に活躍する。百科事典の代表格ともいえるエンサイクロペディア・ブルタニカの「メゾチント」の項目では、今でも「カラーメゾチントの技法を開拓した」作家と紹介されている。
柔らかな黒の中に、ほのかに光を放つ浜口の作品世界には、穏やかな地平とかすかなぬくもりが内在する。黒には濃淡があり、黄、赤、青が重なり合い、ニュアンスが豊かに彩られている。生誕111年にあたる今年、名作の数々を油彩画や新出の資料を交えて約50点展示。果てしない奥行きと静謐な色彩の饗宴をゆっくりとご覧いただきたい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る