高知県

第88回企画展「令和から見えてきた昭和 武吉孝夫写真展」

平成29年に「記憶の街・記録写真は時代を歩く」として香美市立美術館で写真展を開催した武吉孝夫は、その後も活動を継続し、元号が令和に変わった節目を中心に時代の移り変わりを街や人を撮影することで的確に捉えようとしている。前回大変好評で多くの入館者があったことから、その後の武吉孝夫の活動を含めて再度企画した。
昭和の時代を生き抜いてきた人々の記憶の中にある街と、さらに変貌を続ける令和の街を比較しながら見ていただきたい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る