千葉県

開館10周年・リニューアルオープン記念「森本草介展」

ホキ美術館のスタートは森本草介の1枚の作品と創設者保木将夫との出会いから始まった。本展はその原点に還り同館所蔵の36作品のなかから、ホキ美術館コレクション第1号の《横になるポーズ》1998年、東日本大震災時に完成させた《未来》2011年をはじめとする婦人像21点、最後のコレクションとなった《アリエー川の流れ》2013年を含むフランスの地方を中心に描いた風景画10点、《果物たちの宴》2001年など静物画3点の計34点を一堂に会す貴重な機会となる。セピアトーンに包まれ「生きる喜び」をテーマに描き続けた森本草介の「生の讃歌」ともいえる作品の数々を堪能してほしい。
なお、ホキ美術館の森本草介コレクション《モノクロームの肖像》および《背のポーズ》の2点は、2019年10月の豪雨災害の影響で現在作品を修復中のため展示中止となっている。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る