長野県

CONTACT―つながる情景 阿部祐己・源馬菜穂・林遼・吉野剛広

地域ゆかりの作家を紹介してきた茅野市美術館は、2020年で開館40周年を迎える。本展では、地域出身や在住の現代作家4人を特集する。
作家は表現行為によって、様々な事象と接点を持ちながらその心情を作品へと昇華する。そして、表現の中で生み出した情景は作品として鑑賞者と出会い、それぞれの新たな情景へとつながっていくのではないだろうか。
「CONTACT(コンタクト)」には〈接する、触れ合う、つながる、交流する〉といった、自己と他との関わりを表す意味がある。本展では、今を生きる作家たちによるこの地とのつながりや表現をみつめ、生み出される情景を探る。

開催概要

直前の記事

美術館に行こう!ディック・ブルーナに学ぶモダン・アートの楽しみ方(宮崎展)

いつも新しいことに興味津々なうさぎの女の子「ミッフィー(うさこちゃん)」。その生みの親であるディック・ブルーナは、オランダを代表する絵本作家であり、グラフィックデザイナーである。彼が手がけた数多くの絵本は、いきいきと描か

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る