福岡県

関谷ひさしとスポーツマンガの時代 延長戦 ~もうひとつの少年マンガ史~

昭和30年代、月刊少年マンガ誌の黄金期に活躍した北九州ゆかりの少年マンガ家・関谷ひさし(1928~2008)の画業を振り返る。
スポーツマンガの系譜の要となる時代に作品を発表し、読者の人気を博した。戦後の北九州での新聞社勤めに始まり、晩年に至るまで絵を描き続けた関谷ひさしの魅力をミュージアムに所蔵する約1万6000点の中から約250点を紹介する。
また、日本のスポーツマンガの歴史を大きく変える作品を手掛けた関谷ひさしの企画展を開催するにあたり、昨年4季ぶりにJ2復帰を果たしたプロサッカークラブ「ギラヴァンツ北九州」とのコラボ企画『ギラヴァンツ北九州10周年記念展』も同時開催。ギラヴァンツ選手の等身大ポップといっしょに撮影できるコーナーもある。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

令和2年度国立美術館巡回展・京都国立近代美術館所蔵品展 京(みやこ)の美術-洋画、日本画、工芸

古来より都として栄えた京都は、美術の中心地としても重要な役割を果たし、これまで多くの美術家を輩出するとともに、美術運動の拠点となってきた。本展では京都国立近代美術館の所蔵品のなかから、京都ゆかりの作家たちによる洋画、日本

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る