群馬県

テキスタイル・プランナー 新井淳一の仕事

日本を代表するテキスタイル・プランナー 新井淳一(1932-2017)は、群馬県桐生市に機屋の長男として生まれた。織物業に従事するなか、早くから未だ見ぬ布を追い求めていた。新井の「布」は、先端的な繊維技術と職人の知恵や手の技、さらに化学知識との融合によって生み出される。1970年代から、三宅一生、山本寛斎らファッション・デザイナーとのコラボレーションを実現させ、以後さまざまなプロジェクトとかかわり、テキスタイルのプランニング(織物の企画)、素材メーカーとの連携、後進の教育等、国際的に多彩な活躍を続けた。
2018年、大川美術館では、世界的な評価を得た 1980年代以降の 122点の布を収蔵。これは、新井の長年の友人・わたなべひろこ氏(多摩美術大学名誉教授)からの寄付により実現したものである。本展は、これを記念し代表的な作品を厳選して紹介。桐生において新井淳一の仕事の全貌が初めて概観される機会となる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る