東京都

1930ローマ展開催90年 近代日本画の華―ローマ開催日本美術展覧会を中心に―

公式サイト

明治以降、横山大観、菱田春草、下村観山らは、日本美術の新たな道を求めた岡倉天心が結成した日本美術院で研鑽を積みつつ、日本画の革新に取り組んだ。師の没後、大観がその遺志を継いで、対外的な活動を休止していた美術院を大正3年に再興。
大観のパトロンでもあった大倉喜七郎の全面支援を受けて、昭和5年にローマで開催された「日本美術展覧会」は、団長を務めた大観を筆頭とする院展(再興日本美術院)系の画家のみならず、川合玉堂、竹内栖鳳ら官展系の画家たちも含む総勢80名が参加した、当時の日本画壇における一大プロジェクトだった。
本展では、ローマ展開催90年を記念して、大観、春草ら日本の近代を彩った画家たちの作品を、同展出品作を中心に展観する。

開催概要

直前の記事

市制50周年・開館25周年記念「手鑑帖と鬼師展 ~神・瑞獣・仙人の物語~」

本展は、江戸時代後期から大正時代にかけ発刊された図案集と、それらを基に現代の三州鬼師が制作した瓦作品を展示紹介するもの。 手鑑帖とは、手本や模範となる法帖。鬼瓦職人の鬼師も、画譜や建築装飾に関する図面、広告の切り抜きなど

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る