兵庫県

西宮市大谷記念美術館の<展覧会とコレクション>2 ひろがる美術館ヒストリー

美術作品を展示して展覧会を開催すること、作品を収集保存することは美術館の大きな役割である。そして、この二つの役割は深く関係し合っている。展覧会を機に作品を購入、または寄贈を受けて作品を収集することもあれば、まとまった作品の寄贈を受けて展覧会を開催することもある。
2018年に開催した前回の「ひもとく美術館ヒストリー」では、1972年の開館当初から2000年代初め頃までの展覧会を取り上げ、近代絵画をコレクションの核とする同館が、西宮をはじめ阪神間で活躍した作家たちの展覧会を積極的に開催し、新たな作品収蔵へとつなげていった経緯を紹介した。
第2弾となる今回の「ひろがる美術館ヒストリー」では、同館が1997年以降に企画・開催した現代美術作家の個展に焦点を当て、コレクション形成との関わりを検証する。そもそも現代美術の展覧会が企画されるようになったきっかけは、時代につれて、地元作家たちの表現が、従来の形式にとどまらない広がりを見せていたからである。このように始まった現代美術作品の収集は、西宮市大谷記念美術館のコレクションの幅を少しずつ広げていくこととなった。その歩みを、16作家36点の作品を通して紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る