熊本県

江戸の動物絵大集合!猿描き狙仙三兄弟~鶏の若冲、カエルの奉時も

江戸時代の大坂で名高い絵師のひとりに、森狙仙(そせん)(1747?~1821)がいる。彼は精緻な動物画を得意とし、中でも多くの猿図を残している。狙仙の描いた「もふもふ」な猿の姿はリアルに、時には人間の行動を投影したかのようにもあらわされ、今も昔も人々の目を楽しませる。その狙仙には二人の兄、森陽信(ようしん)(1736?~1808?)と周峰(しゅうほう)(1738~1823)がおり、彼らは狩野派絵画も学び、猿の絵に特化した狙仙をカバーするかのように、様々な形態・画題の作品を残し、当時は著名であったものの、現代ではあまり知られていない。
また狙仙と同時代には、特定の動物の画題に特化した画家が現れ、鶏の伊藤若冲、虎の岸駒(がんく)、蛙の松本奉時(ほうじ)らが知られている。それぞれの動物画には吉祥的な意味もあり、お家芸を持つことは、多様な流派が並び立っていた当時においては、顧客層の拡大や経済的安定につながった。
本展は、森狙仙の三兄弟と、そういった京都・大坂の動物画を得意とした画家を紹介するもの。これまで狙仙の三兄弟を取り上げた展覧会は開催されたことがなく、本展が初めての企画となる。狙仙らの動物画は親しみやすい画題のため、子どもから大人まで、多くの方に楽しんでいただける展覧会だ。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る