大分県

大分県立美術館 開館5周年記念事業「西洋絵画400年の旅 -珠玉の東京富士美術館コレクション-」(大分展)

1983年、東京・八王子に開館し、古今東西の美術作品を収集・展示してきた東京富士美術館。その西洋絵画コレクションは、16世紀のイタリア・ルネサンスから20世紀の近現代美術まで、400年にわたる西洋絵画史を一望できる充実したものである。本展では、その中から厳選した約80点により、華麗なる西洋絵画の流れを紹介する。世界の美術ファンを魅了してやまないモネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ、シャガールなど近代の人気作家に加え、ティントレット、アントニー・ヴァン・ダイクなど、日本ではあまり見る機会のない巨匠たちも紹介し、芳醇な西洋絵画の世界を堪能できる。
第I部では、近代以前の作品を「歴史画」「肖像画」「風俗画」「風景画」「静物画」というジャンルに分類し、それぞれの成り立ちや特徴を展観。第II部では、既成の価値観や技法から解放されていった近代の絵画を、画家が「何を描くか」、そして「どう描くか」という視点から紐解いていく。芳醇な西洋絵画の世界を堪能するとともに、絵画により親しめる内容となっている。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る