神奈川県

江戸刷リ物品定メ~二代目金沢文庫長の秘策~

今から90年前に開館した神奈川県立金沢文庫は、たった二人の専門職員によってはじめられた。一人は初代文庫長・関靖(1877~1958)、もう一人は神奈川県初の司書・熊原政男(1908~1980)である。
開館当初の「精神文化の育成」という設立目的は、第二次世界大戦中、戦意高揚に利用され、戦後の金沢文庫は難しい局面を迎える。このとき二代目文庫長に就任した熊原は、郷土意識を盛り立て戦後復興の原動力とする活動を積極的にして、危機を乗り切るという「秘策」を繰り出した。開館以来収集してきた近世の版本類を、絵図・地図、金沢八景、徒然草といったテーマのもとにコレクション化して、神奈川県近郊の催事場に出開帳し、関連書籍を出版して、金沢文庫をおおいにアピールしたのだ。

本展示では、二代目金沢文庫長が品定めした江戸時代の刷り物によって、神奈川県立金沢文庫のはじまりの物語を紡ぐ。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る