京都府

終戦75年特別展示「トランクの中の日本 ~戦争、平和、そして仏教~』

あれから5年。
終戦70年を期して開催した「トランクの中の日本 ~戦争、平和、そして仏教~』 展は想像を超えた反響を呼び、平和の祈りは京都から全国、全世界へと広がった。 広島平和記念式典への参列、ローマ教皇への写真集献上と教皇による全世界への配布指示、2度にわたるサンマリノ共和国での写真展の開催、教皇の来日、東京での写真展の開催や各種メディアによる「焼き場に立つ少年」の報道。幼い兄弟の姿はまさに世界中の人びとの目に触れた。
本年、全人類を襲う新型コロナウイルスの脅威の中、世界は第二次世界大戦から75年の節目を迎えた。生きた仏教のミュージアムが考える戦争と平和。終戦75年の特別展はその発信 源の一つである京都佛立ミュージアムが原点に還るべき機会と捉えた。若き従軍カメラマン、ジョー・オダネル氏が撮影した終戦直後の日本と日本人の姿。敵愾心に燃えて佐世保に上陸したオダネル氏は焦土と化した各地を転々とした。長崎で幼い弟を背負う少年と出会った頃には敵と味方の境界を超えていった。この事実が私たち仏教徒の学ぶ戦争と平和の本質を表すものだったのである。オダネル氏の代表的な1枚「焼き場にて、長崎」のみならず、彼の辿った心の変 遷を追体験することに重点を置いた展示。敵を敵とする人間の心は幻想であり、正義や大義すら信じるに値しない。人間が人間を知ることによって真理を見出し、自分と他人、此方と彼方、敵と味方の境界すら越えることが出来る。

人の目が曇り、心狂えば幾たびも戦争は繰り返され、人が人を知り、自ら覚し、心が平和であるならば永遠に世界も平和たり得る。人間らしさを追求すれば戦争は終わり、平和が訪れるはずと学んだ。
終戦75年 特別展「トランクの中の日本 ~戦争、平和、そして仏教~」は、5年前の展示を再び配列し、より鮮明に、色濃く、幅広く、戦争が生み出すものを共有し、共に世界の平和を祈り、生きる覚悟が育めるよう、開催する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る